スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PIC32MX(SBDBT32)でUSBカメラ(自動設定)

カメラの自動設定対応版のファームウェア
土日に取り組んでいた、カメラの自動設定対応版のファームウェアが完成しました。
このバージョンでは、MicroSD内のテキストファイルに解像度、フレームレート、フレームの間引き等を設定することができます。
そのため、ソースを設定するたびに書き換える必要がなく、簡単に設定を変更することができます。

設定項目
カメラの解像度(カメラ依存。640x480,320x240など)
カメラのフレームレート(カメラ依存。30fps,15fpsなど)
何フレームごとに実際に記録するか。微速度撮影用。
起動時に録画を開始するか。(UARTで手動開始、または電源を入れた時に自動的に開始)

メモ
 freertos_uvctest_130201.zipを元に制作
  ランエレの方での改良点も多くある。設定ファイルの読み込み処理、UARTモニタ等
 USBスタックを書き換えて、UVCカメラ特有のディスクリプタ処理を追加。
 微速度撮影対応のためのルーチンを追加。
 JPEGの切り出し処理をちゃんとヘッダ部を読み取って行うように改良。
 設定ファイルの形式を変更。解像度対応のため。
 ELECOMのHDカメラとC525カメラでは動作せず。
 mmc.cのCMD6を無効化。動かなかったため。
 C920(確認済み。若干不安定),C270(OK),C910とC525(動かず),UCAM-DLA200H(未テスト),UCAM-DLN130T(未テスト)
ファームウェアのダウンロード
ダウンロード
※ランニングエレクトロニクスのファームウェアに取り込まれたので、こちらのファームウェアは古い物となっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER127785GSG

Author:FC2USER127785GSG
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。